モーメントマグニチュードなどについて稽古

地震について学校をしました。地震の高熱は地震を起こした震源断層の面積と断層の格差の容量に比例し、また岩石のかたさも関係します。これらの容量をもとに趣旨されたのがモーメントマグニチュードだ。1923時代の関東地震では、震源断層のがたいが130km×70km、断層の格差の容量が標準2.1mでモーメントマグニチュードは7.9でした。測定史上最大の地震ですチリ地震(1960時代)は、最高振幅をもとにしたマグニチュードは8.5規模でしたが、震源断層のがたいが800km×200km、断層の格差の容量が標準25mですことから求めたモーメントマグニチュードは9.5であり、チリ地震の高熱は関東地震のおよそ250ダブルの具合であったことがわかります。大きな地震(本震)の後にひき続いて生まれる多くの地震を余震と済む、余震の起こった原野を余震地域といいます。余震は1日に台数百回も記録されることもありますが、その数は本震出現後のスパンの手続きとともに急速に減っていきます。至って勉強になりました。お金 借りる 5万