2月の文楽公演に関する雑感をつらつらと書いてみます

2月の文楽公演「平家女護島」「曾根崎心中」「冥途の飛脚」を見てきました。文楽は公演そのものはもちろん、パンフレットが意外と面白いのですが、今回のパンフレットは咲太夫のインタビューが掲載されていました。口調の優しいちょっとした研究者批判なのですが、演じる側とそれを評価する側の違いを端的に説明しており、なるほどと思いました。また、児玉先生の解説では、現行の「曾根崎心中」が原作と違う形になっていることが紹介されています。今回のパンフレットはお値段以上と言えるでしょう。今回の公演は良くも悪くもいつも通りといった感じで、英太郎は序盤は自信ありげだったのが途中からいつも通りに変わり、呂勢太夫は徐々にパワーダウン。千歳太夫は楽のためか声が枯れていましたが、おおむね上々と言ったところです。簑之はちょっとエレキギターを弾いているような独特な弾き方が印象的。賛否は分かれるでしょうが、今どきという感じでしょうか。文楽は演じる題目だけでなく、役者を見ることで面白みが増してきます。ぜひ、文楽を見てみてください。http://www.phdvirtual.co/